栄養ドリンクは毎日飲んでもいいの?

2022年6月20日

2022年6月20日月曜日

皆さん、こんにちは!
Freppa(フレッパ)広報担当です!

皆さんは、栄養ドリンクを良く飲みますか?
疲れた時や、もうひと頑張りしたい時に栄養ドリンクを飲む人は多いです。
しかし、栄養ドリンクが習慣化してしまったり、
1日に何本も飲んでしまうと、身体に異変が起こったりします。

本日は、栄養ドリンクをテーマに正しい飲み方や、
飲み過ぎてしまった時のリスクをご紹介していきます。

 

☆栄養ドリンクは毎日飲んでも大丈夫?☆
結論からいって、栄養ドリンクは、決められた用法・用量を守って飲む範囲では、
毎日飲んでも大丈夫です。
栄養ドリンクには色々な種類や効果がありますが、
多くは疲労回復のために飲むケースが多いです。
疲労回復を目的に飲む栄養ドリンクにはカフェインが入っているものが多く、
脳を活性化させて眠気を抑えてくれる効果があります。

しかし、効果はそれほど持続するものではなく、4時間程度といわれています。
効果が切れたからといって立て続けに栄養ドリンクを飲んでしまうのは、
かえって身体に不調を引き起こし、健康に悪影響を及ぼします。

 

☆栄養ドリンクに頼らない食生活を心掛ける☆
栄養ドリンクは本来毎日飲むものではなく、
ここぞという時に飲むものです。
エネルギーチャージならば、栄養ドリンクの代わりに、
バナナやおにぎりなどを食べましょう。
これらに含まれる糖分は疲労回復に効果があり、
栄養ドリンクよりも血糖値の上昇が緩やかです。

また、疲労回復に欠かせないビタミンB1やビタミンCは、
豚肉、魚、玄米、野菜、果物に多く含まれています。

手軽に栄養補給ができる栄養ドリンクですが、
毎日飲むというより栄養が足りないなと感じたら飲むスタンスが大切です。

毎日の様に栄養ドリンクを求めてしまうというのは、
身体からのSOSサインが出ていることになります。
栄養ドリンクを飲む前にしっかりと身体を休め、
一度身体をリセットさせてあげることが重要です。

☆栄養ドリンクの過剰摂取による悪影響☆
栄養ドリンクを飲んで、眠気が無くなったり、元気になったりするのは、
カフェインが多く含まれているからです。
カフェインといえば、コーヒーですが、
栄養ドリンク1本には、およそコーヒー2杯分のカフェインが含まれています。
カフェインには、鎮痛作用がある為、
一時的に疲れを感じ無くなったり、眠気を取ることができます。

しかし、カフェインには神経毒性や依存性があり、
カフェインを常に取っていると、中枢神経が過剰に刺激されます。
心拍数が上がり、興奮状態が続き、不眠からくる不安や倦怠感が現れます。
空腹時に過剰摂取することで、消化器官が刺激されて下痢や吐き気、
嘔吐といった症状も現れます。

また、栄養ドリンクは、生薬などが含まれていることも多く、
飲み口をよくするために甘味料を多く入れてフレーバーを効かせています。
栄養ドリンクの成分表に炭水化物19gとあれば、糖質19gと考えられます。
シュガースティックが1本約3gですから、1回に6本以上摂取したことになります。
毎日1本飲むだけでもこの量なので、複数飲むと糖質の取り過ぎになります。

血糖値が上がることで、一時的に疲れを感じなくなりますが、
急激に上がった血糖値を下げようと、大量のインスリンが分泌される為、
血糖値の乱高下して糖尿病の予備軍となってしまう危険性があります。

☆栄養ドリンクの代替品☆
上記の様に栄養ドリンクにはリスクが多々ある為、
極力飲むことを控えて、健康的な飲み物に変更しましょう。

白湯には身体を温めてくれる効果があり、
牛乳や豆乳は消化器官を目覚めさせてくれます。
トマトジュースは疲労の原因となる入さんを抑える働きがあり、
これらも過剰に摂取しなければ、毎日飲み続けることで、逆に健康的になります。

 

 

 

 

北海道全域の給食ならフレアサービスへ!
札幌・旭川・北見だけでなく、函館・苫小牧など幅広く対応!
高齢者・介護・福祉施設様のお悩みを解決!