介護サービスの種類

2022年6月22日

2022年6月22日水曜日

皆さん、こんにちは!
Freppa(フレッパ)広報担当です!

皆さんは、「介護サービス」と聞くと、
どういったサービスをイメージしますか?

介護サービスには、色々な種類があり、
直接施設に通って受けるサービスや、
施設に入居して受けるサービス、
また、自宅に訪問してもらって介護サービスを受ける場合などがあります。

本日は、様々な種類の介護サービスをご紹介していきます。

 

 

☆訪問介護☆
介護を必要とされる方のご自宅へ訪問して、
日々の生活を自立して行える様に支援するサービスです。
排泄・食事の介助などを行う身体介護と、
掃除・洗濯・買い物などを行う生活支援の2種類があります。

☆訪問看護☆
訪問看護ステーションから看護師が、
病気や障害のために看護を必要とする方のご家庭を訪問し、
看護ケアを提供するサービスです。
病気や障害を持っていても、長年住み慣れた土地で
暮らしたいという基本的な願いを実現できる様に、
専門の看護師が療養生活を支援するサービスです。

☆訪問入浴介護☆
在宅要介護者が自宅浴槽での入浴が困難な場合に
自宅でのお風呂の世話をするサービスです。
通常介護職員2名と看護師1名の3名チームですが、
介護者の健康状態に問題がある際には、
入浴サービス開始前に主治医の判断を仰ぐこともあります。

☆訪問リハビリテーション☆
現在寝たきりの方が1人で自立した生活ができるように、
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが、自宅に訪問し、リハビリをします。

☆居宅療養管理指導☆
通院が困難な要介護者に対して、医師や歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問し、
療養上の管理や指導を行うサービスです。
対象者がより快適で人間らしい日常生活を送ることができ、
療養生活の質の向上を図れるように、その居宅を訪問して、
療養上の管理及び、指導を行います。

☆デイサービス☆
通所介護とも呼ばれ、入浴や食事を提供するとともに、
レクリエーションや機能訓練などの日常生活上のケアを受ける通所サービスです。
お年寄りご本人のためだけでなく、家庭の介護負担の軽減などにも効果があります。

☆デイケア☆
通所リハビリテーションのことをデイケアと呼びます。
老人デイケア、幼児デイケア、精神科デイケアの3種類が存在し、
利用者同士が同じ場所で交流することができ、
レクリエーション活動などを通じて、人と接することで、
社会復帰できることを目的としたサービスです。

☆ショートステイ(短期入所生活介護)☆
要介護者や要支援者の方が、施設に短期間入所し、
入浴や排泄、食事などの介護やレクリエーションや機能訓練などを受けるサービスです。
在宅介護中に行事や旅行、介護疲れを防止するために利用されるサービスで、
連続して利用できるのは30日までとなっています。

☆ショートステイ(短期入所療養介護)☆
要介護者や要支援者を1週間程度の短期間、
老人保健施設や介護療養型医療施設などに短期間入所し、
看護、介護、リハビリを行い、
日常生活の世話や機能訓練などを受けるサービスです。

 

☆介護付き有料老人ホーム☆
プライバシーに配慮した個室となっており、
入浴、排泄、食事などの介護やレクリエーションや機能訓練などを行うサービスです。
有料老人ホームとケアハウスなど細かい分類分けもできます。

☆介護老人福祉施設☆
特別養護老人ホームとも呼ばれ、自宅では介護できない方が、
食事、入浴、排泄などの日常生活の介護や健康管理を受けることができるサービスです。

☆介護老人保健施設☆
介護と医療の両方のサービスを提供する施設で、
病院から家庭へ復帰するための中間的な施設といえます。

☆介護療養型医療施設☆
療養上の管理、看護、医学的な管理のもと、
介護や機能訓練などのサービスを提供するものです。

 

 

 

北海道全域の給食ならフレアサービスへ!
札幌・旭川・北見だけでなく、函館・苫小牧など幅広く対応!
高齢者・介護・福祉施設様のお悩みを解決!