夏の野菜を使った健康料理

2022年6月17日

2022年6月17日金曜日

皆さん、こんにちは!
Freppa(フレッパ)広報担当です!

皆さんは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざを知っていますか?
これは、寒さがゆるみ、トマトが実る季節は病気になる人が少なく、
患者がいなくて医者が青ざめるという意味です。

トマトはビタミンCが多く含まれる野菜で、
ビタミンCには、体内の抗ストレスホルモンを合成するのに欠かせません。
他にも葉酸、カリウム、β-カロテン、食物繊維など身体にいい成分がたっぷりです。
強力な抗酸化作用を持つ注目の機能性成分リコピンも豊富なので、
生活習慣病予防にも効果的です。
トマトは健康野菜の代表格であり、しかもこれから出回るお日様を浴びたものの方が、
栄養価が高いというデータもあります。

 

 

この様に、旬の野菜には、旬の効果があります。
夏に不足しがちなカリウムやビタミン類といった栄養素を
夏野菜で美味しく補給し、夏バテや熱中症を予防しましょう。

 

 

☆暑い季節に必要な栄養素☆
旬の時期に一番栄養課が高く、不思議とその時期に身体に必要な栄養素が詰まっています。
ハウス栽培であれば、夏野菜は夏だけではなく冬にも収穫できます。
ですが、旬のものの方が栄養価が高くなっています。
一番美味しく食べれて、かつ安く購入できるのは、非常に魅力的です。

夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいる物が多く、
身体にこまった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。
トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、
夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが、夏野菜の長所です。
逆に、冬には身体を温めてくれる成分を多く含む野菜が豊富で、
気候や季節により身体に必要な栄養素があります。
旬のものを旬の時期に食べることで、旬の野菜がその時身体に必要な栄養素を教えてくれます。

☆夏野菜の種類☆
代表的な夏野菜には、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなどが挙げられます。
濃い、ハッキリとした色の野菜が特徴といえます。
食欲が落ちるこの時期に、カラフルなビタミンカラーは食欲を刺激しますし、含まれている栄養素とその効能は、
夏にぴったりと言えます。

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。
ビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、
酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、
酢の物を食べれば効率良くビタミンCを取れます。

ピーマンは、強い紫外線を受けやすいこの時期にありがたい食べ物です。
皮膚の結合組織を作るコラーゲンの合成を助けたり、メラニン色素の沈着を防ぎ、
健やかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。
ビタミンCは調理方法によって壊れやすいのが難点ですが、
ピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒めて食べられます。
他にも、皮膚や粘膜を健やかに保ち、ウィルスから身体を守り、
夏風邪にも効果的なビタミンAも含まれています。
ビタミンAは油と一緒にとることで、吸収率が高まる栄養素の為、
油で炒めて食べるのがピッタリです。

ゴーヤには、ビタミンCを豊富に含む他に、ビタミン、ミネラルをバランス良く含みます。
夏場に汗とともに失われ易いカリウムも多く、むくみを解消し滞った代謝を促進します。
特有の苦み成分は、食欲を刺激して夏バテ予防に働きかけます。
ゴーヤの苦みが気になるという人は、
白い綿の部分をしっかり取ったり塩もみすることで、気にならなくなります。
ゴーヤチャンプルみたいに、お肉の脂やタンパク質と一緒に調理すると苦味もやわらぐので、オススメです。

 

 

 

北海道全域の給食ならフレアサービスへ!
札幌・旭川・北見だけでなく、函館・苫小牧など幅広く対応!
高齢者・介護・福祉施設様のお悩みを解決!